ミリー・ボビー・ブラウンは耳が聞こえないってホント?ミリーの家族や生い立ちもまとめてみた!

いやー、やっと『ストレンジャーシングス4-未知の世界』のボリューム2が放送されますね。

この大人気シリーズにてイレブン役を12歳の頃から演じているミリー・ボビー・ブラウンは実は耳が不自由ってご存知ですか?

今回はそんな彼女の難聴の経歴や、家族や生い立ちについてまとめてみました。

どうぞ最後までご覧ください。

ミリー・ボビー・ブラウンは耳がきこえない?

ご本人のインスタグラムより

ミリー・ボビー・ブラウンは生まれつき左耳が不自由です。

生まれたときは部分的な聴覚障害だったのですが数年後には左耳の聴力は完璧に失われました

それでも、聴覚障害を乗り越え、12歳から女優として大活動しています。

時には、映画監督の指示も聞こえない時もありましたというミリーさんはどんな家族のもとで育ったんでしょうか? 

ミリーの家族構成

ミリー・ボビー・ブラウンの家族構成は次の通りです。

  • 父 Robert Brown
  • 母 Kelly Brown
  • 兄 Charlie Brown
  • 姉 Paige Brown
  • ご本人 Millie
  • 妹  Ava Brown

ミリー・ボビー・ブラウンの家族は6人構成です。

ミリーのご両親

ミリーのご両親ロバートさんとケリーさん

ミリーのご両親はお二人とも英国人です。

ロバートさんのご両親がスペインのマルベーリャでレストランを経営していたため、2003年にスペインに引っ越ししました。翌年ミリーがマルベーリャで誕生します。

ミリーの兄 チャーリー・ブラウン

ミリーの兄・チャーリー

チャーリーさんは現在プロのカメラマン・フォトグラファーでミリーの雑誌の表紙なども撮影者ことがあります。

Photo by Charlie Brown for WHO WHAT WEAR/フォト:チャーリー

ミリーの姉 ペイジ・ブラウン

ペイジ・ブラウンさんは1993年12月27日生まれの現在28才で、ミリーと同じく俳優です。

2017年の映画『サウス・ダコタ』ではアリソン役を演じました。

2020年の『エノーラ・ホームズの事件簿』では第二弾もミリーと一緒にプロデュースに取り組んでいます。

ミリーの妹 アーヴァ・ブラウン

ミリーの妹のアーヴァちゃん

ミリーの妹は2012年1月20日生まれのアーヴァちゃん、現在10才です。

まだ、小さいアーヴァちゃんですが、もうすでにファンが運営するインスタグラムアカウントがあります。

ミリーの生い立ち

ミリー・ボビー・ブラウンは2004年2月に父方の祖父母の移住先スペインのマルベーリャで生まれます。

最初に述べたように、ミリーさんは生まれつき左耳が部分的聴覚障障害だったのですが、数年後は左耳はまったくきこえなくなりました。

4歳の頃に、英国南部にあるボーンマスに戻りますが、聴覚障害を乗り切って育ちます。

8歳の頃には、すでにミュージカル、歌やダンスに興味を持ち始め、小さいながらも、あまりにも真剣な興味を持ち続け、あまりにも、エネルギッシュなので、これはどこかでそのエネルギーを発散させたほうがいいと、父親が週末の演技学校に入学させます。

子供の頃のミリー

それからは、ミリーの演じることの情熱が一層深まり、ご両親は娘の将来の夢を叶ってあげたいとロンドンーハリウッド間を行き来するようになります。

もちろん、それはとてつもない努力、献身と経済力が必要になってきますので、一時は家庭内でも不満が出ていたといいます。

それでも、これまでの努力と犠牲が実り、12歳で『ストレンジャーシングス未知の世界』のイレブン役に抜擢され、現在では数々のノミネートや賞を取得し、まだ18歳という若さで映画の監督、そして「フロレンス・バイ・ミルズ」というコスメのプロデュースという新しいチャレンジにも全力投球しています。

まとめ

『ストレンジャーシングス未知の世界』のイレブン役で大活躍するミリー・ボビー・ブラウン部分的聴覚障害を持ってスペインで生まれます。その後、左耳の全聴力は失いますが、それを乗り越えて家族の温かい支援のもとで、俳優の道を目指しました。

その努力が実って今は、18歳という若さで俳優、映画監督そしてコスメプロデューサーとして新しいチャレンジを挑んでいるミリーさん。

今後のご活躍と成功を心からお祈りいたします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ミリー・ボビー・ブラウンのプロフィール

名前: ミリー・ボビー・ブラウン (Millie Bobby Brown}

生年月日: 2004年2月19日

出生地:マルベーリャ・スペイン

国籍: ブリティッシュ

関連記事