【早乙女太一】の家系・生い立ちが凄い!家族や兄弟エピソードまとめ!

大衆演劇の家系に生まれ、わずか4歳で舞台デビューし、その後大衆劇団の大スターとなり、そして最近では朝ドラ『カムカムエヴリバディ』でミュージシャン・トミーを演じる早乙女太一さん。

今回はその若きベテラン俳優の家系・生い立ちについてまとめてみました。

どうぞ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

早乙女太一の幼年期

画像引用:plaza.rakuten.co.jp

早乙女太一さんのご両親は俳優の葵陽之介と鈴花奈々で、当時「葵劇団」の劇団員の両親に影響され、幼少期から劇団員として育ちます

父親に厳しい演技指導をされ早乙女太一さんはわずか4歳の時に、父が立ち上げた「劇団朱雀」でデビューします。

早乙女太一さんの幼年期は、子供にとって大切な安定した環境からかけ離れたものでした。

大衆劇団の主宰を携わる父の元、旅芸人として全国の劇団や温泉地を転々と移動する生活を強いられました。

画像引用:劇団朱雀

何でも毎月の頻度で引っ越しをし、学校も転校するのが当たり前だと思っていたそうです。

学校は2~3時間目まで行って、帰ってきたら昼と夜と一日に二回の公演。

その夜は次の日のための稽古をするという過酷な日常です。

お友達ができてもすぐにお別れしなければいけないということは幼い子供にとってはつらかったことでしょう。

稽古はプロ意識の高い父親のもとで行われ、上手くいかなければ殴られたり蹴られたりという厳しいお稽古だったらしいです。

そんな環境で育った早乙女太一さんは次第に感情を隠すようになり、私生活でも別人を演じるという過酷な幼年時代を送られたようです。

画像引用:2003年「座頭市」より

しかし、その結果、ずば抜けた才能を持つ役者に成長し、小学生の頃から北野武監督に注目されます。

2003年には北野武監督の『座頭市』で芸者姉妹(弟)のおせいの子供時代役で映画デビューし、12歳の早乙女太一に一層の注目が集まりました。

早乙女太一の父・葵陽之介と母・鈴花奈々

画像引用:劇団朱雀オフィシャルサイト

早乙女太一さんの父親は福岡県出身の葵陽之介さんで本名は西村太志(たかし)さんです。

1987年に「葵劇団」の葵好次朗座長にあこがれて舞台俳優の道を歩むことになりました。

初舞台は17歳の時で、それから全身全霊で稽古に励みます。

2003年には「劇団朱雀」を立ち上げ家族全員で舞台に立つことになりました。

画像引用:劇団朱雀

早乙女太一さんの母親の鈴花奈々さん(本名:西村弘美)は14歳で大衆演劇の道を歩み始めたベテラン女優さんです。

同じ大衆演劇をを通じて葵陽之介さんとめぐり逢い、3人の子供を授かり家族全員で大衆演劇の人生を送ります。

座長の妻、舞台女優そして3児の母としてかなり大変だったことでしょう。

それでは、早乙女太一さんの弟の早乙女友貴さんと妹の鈴花あゆみさんをご紹介しましょう。

早乙女太一の弟・早乙女友貴

早乙女友貴さん(本名:西村友貴)は1996年5月14日に次男として生まれました。

早乙女太一さんが5歳の時ですから、お兄さんはもう舞台に立っていたころですね。

ご本人は1997年、なんと一歳の時に「劇団朱雀」の「子連れ狼」の大五郎役で舞台デビューを果たしました。

画像引用:“陰(かげ)”『MOON SAGA-義経秘伝-』

その後、6歳のころから本格的に舞台に立つようになりますが、15歳の頃、兄の太一が全治三か月骨折で急遽彼の代役を任されることになります。

それが、歌手のGACKTさんが原作と脚本、演出を手がける舞台公演『MOON SAGA-義経秘伝-』です。

太一さんと友貴さんはもののけの“陰(かげ)”を演じ、激しい太刀回りなどのシーンは友貴さんが演じることになりました。

なんでも友貴さんはその演技をたった4日間で学ぶことを強いられましたが脚光を浴びるほどの成功となりました。

2017年には12歳年上の元SPEEDの島袋寛子さんと結婚し、現在はフリーランスとして活躍中。

早乙女太一の妹・鈴花あゆみ

画像引用:劇団朱雀オフィシャルサイト

鈴花あゆみさんは2001年12月19日生まれで大衆演劇家族の末っ子さんです。

お兄さんたちと同じく幼いころから演劇の稽古を始め、3歳で舞台デビューしました。

早乙女太一の元妻・西山茉希と娘たち

早乙女太一さんは2013年の6月にモデルの西山茉希さんと結婚されました。

同年10月30日には第一子の女の子が誕生、2016年4月11日には第二子の女の子が誕生し、今は二人の娘さんのパパさんです。

西山茉希さんとは2019年の6月に離婚していたことが明らかになったものの、子供たちの成長は二人で見守っておられます。

去年一月にTBSの「占いメガネ」という番組に出演された西山茉希さんは次のように語っています。

「子供も彼のことが大好きだし、彼も子供のことが大好きだし、彼女たち(娘)の心の愛の育て方を一緒にやった方が彼女たちがポカポカってなっているのが分かるから一緒に過ごして幸せを感じたりはしてます」

西山茉希
スポンサーリンク

【早乙女太一】の家系・生い立ちが凄い!家族や兄弟エピソード・まとめ!

早乙女太一さんは、当時「葵劇団」の劇団員の両親葵陽之介さんと鈴花奈々さんの間に生まれ、幼少期から劇団員として育ちます

弟の早乙女友貴さんも妹の鈴花あゆみさんも同じく幼少期から舞台に立ち、家族全員で後に葵陽之介さんが立ち上げた「劇団朱雀」にて舞台俳優として大衆演劇ファンに喜ばれました。

現在はそれぞれ舞台、テレビ、映画などで俳優として活躍しています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

早乙女太一さんのプロフィール

画像引用:ご本人のインスタグラムよりhttps://www.instagram.com/p/CWIip30pLQo/

本名: 西村太一

生年月日: 1991年9月24日

出生地: 福岡県北九州市

身長: 174cm

スポンサーリンク
関連記事