【2022年最新】 ケビンズイングリッシュルームの年収(YouTube ・ 他)を調査してみた!

ケビンズイングリッシュルーム/Kevin’s English Room は、

大学で知り合った「掛山ケビ史郎」と名乗る3人組で、

TikTok、YouTubeを中心に英語を題材とした日常雑談、音楽系動画投稿を主に活動しています。

メンバーは

ケビン(アメリカ生まれ&育ち)

カケ(普通の日本人)

ヤマ(英語勉強中)

2019年1月に始めたTikTokのフォロワーは120万人、

YouTubeの Kevin’s English Room フォロワーは78万人に上り、

2021年は、Kevin’s English Room の放課後というタイトルのYouTubeサブチャンネル、

イベント、テレビ出演に本の出版などなど、大人気の彼らですが、

一体、どれぐらいの収入があるのか気になりますよね。

そこで、2021年のKevin’s English Room の収入について調査してみました。

スポンサーリンク

2021年のケビンズイングリッシュルームの収入源は?

Kevin’s English Room on Twitter より

先ず、ケビンズイングリッシュルームの収入源として考えられるのは次の7つと思われます。

  1. TikTok
  2. YouTube
  3. Podcast /ポッドキャスト(音声配信
  4. TV番組出演料
  5. ラジオ番組出演料
  6. 書籍印税
  7. ライブ&イベント収入

それでは、ひとつづつ見ていきましょう。

1.TikTok

TikTok Kevin’s English Room @kevinthepepperoniより

2019年1月に始めたTikTokのフォロワーは120万人 (2021/10/31現在)

TikTok の収益化は2021年1月から

ライブ配信にてギフティング(”投げ銭”)が

可能となったものの、それ以外の収益化は

非常に難しいようです。

でも、TikTokを利用して収益化するには、

企業案件、YouTubeとリンクされた

アフィリエイトの収益化も考えられます。

「企業が設定する単価/フォロワー単価」の相場は、だいたい1フォロワーあたり3~5円と言われています。

https://service.plan-b.co.jp/blog/im/20479/

現在のフォロワー数は120万人。

フォロワー単価を1フォロワー当たり5円と推定すると、

TikTok 推定収入

1,200,000 x 0.5円 = 600,000円

2.YouTube

YouTube Kevin’s English Room より

動画広告収入

YouTubeのメインの収入減は動画広告収入です。

一般的に、 動画広告収入は、1再生当たり約0.1円といわれています。

動画視聴回数は2021年10月だけで 9,299,000 回で、

10月の動画広告収入は、

9,299,000 x0.1円 = 929,900円となります。

これを平均と推定し、12か月分とすると

YouTube 動画広告収入

929,900円 x 12 = 11,158,800円

3.Podcast/ポッドキャスト(音声配信)

ケビンと山ちゃんが英語で雑談するチャンネル。

残念ながら、広告収入に関しては充分な情報は得られませんでしたが、

2021年11月からポッドキャストホストの

ANCHOR (アンカー)がスポンサーになることが決定しています。

スポンサー収入は1再生当たり2円から5円が相場らしいです。

Podcast/ポッドキャスト(音声配信)

スポンサー契約始まったばかりなので、ゼロとする。

4.TV番組出演料

ネット配信テレビ、DHC テレビの

「オルガン坂ソング」

にも少なくとも3度出演した3人組。

テレビ出演料は出演者が、一般人、芸能人や

その人の知名度によって幅広く異なってくるようです。

無名新人タレントのバラエティー番組の

一回の出演料は3-5万円程度という説もあります。

ここでは3人組として一回10万円として推定してみます。

そして、これがネット配信テレビということもあり、

再生回数によっても収益化される可能性もあると思われます。

TV出演料

100,000円 x 3 = 300,000円

5. ラジオ番組出演料

Living in Japan NHK World より

2021年からNHK ラジオ第2にて放送される

「Living in Japan」にケビンが月1で英語版放送の

パーソナリティとして活躍。

出演料については充分な資料は見つかりませんでしたが、

相場はかなり安いらしく一回に2000円から3000円程度という説も。。

月一で、一回2,000円で6か月間の契約と仮定すれば、

ラジオ番組出演料

2,000円 x 6 = 12,000円

6.書籍印税

2021年3月に初著書『その英語、本当にあってる? ネイティブならこう答えます』を角川書店より出版。

アマゾンや楽天ブックスでも販売されいる本の単価は1,430円

本の印税は一般的には5%ー10%といわれており、新人作家は5%らしいです。

本の印税は

本の定価 ✕ 販売部数 ✕ 印税率

で推定できます。

5万部売れたとすれば

書籍印税

¥1,430 x 50,000 x 5% = ¥3,575,000


7.ライブ&イベント収入

上記の初著書『その英語、本当にあってる? ネイティブならこう答えます』

の出版を記念し、Kevin’s English Roomのオンラインセミナーが

「アメリカ育ち VS 日本育ち」 というテーマで開催開催されました。

チケット価格は 2000円、150人限定のイベントはソールドアウト。

出演料は40%と推定すると

ライブイベント収入

¥2,000 x 150 x 40% = ¥120,000

「掛山ケビ史郎」 3人組のその他の活動

  • オンライン英会話教室 「ケビンの英会話」 
  • YouTube 「掛山ケビ志郎」と名乗り音楽活動
  • YouTube  Kevin’s English Room の放課後 というサブチャンネルでゆるゆる雑談を配信
  • インスタグラム、ツイッターでも大人気
スポンサーリンク

まとめ

2021年の現在までのケビンズイングリッシュルームの推定収入は?

1.TikTok600,000
2.YouTube11,158,800
3. ポッドキャスト0
4.TV番組出演料300,000
5. ラジオ番組出演料 12,000
6.本の印税3,575,000
7. ライブ&イベント収入120,000
合計15,765,800
2021年のケビンズイングリッシュルームの収入推定最低額(¥)

しかし、2021年はまだあと2か月も残っている上、

企業案件、アフィリエイト、サブチャンネル収入や

英会話教室などの個人ビジネス案件など

この推定額に含まれていません。

それでも、1千5百万円は軽く上回っていますね。

最低推定額とは言え、就職3年後に脱サラ、その後、

キッチンカーで台湾かき氷のお店を経営して失敗したという

下積み時代と比べて、かなりの成功ぶりですよね。

現在も登録者数、動画再生回数は安定して伸びていますので、

彼らの収入もどんどん伸びているのは確実です。

掛山ケビ志郎 さん

これからも、楽しくこっけいな動画で

英語の勉強もかねて視聴者を笑わせてくれることを期待しています。

*トップページ画像はYouTubeのKevin’s English Room の放課後より

スポンサーリンク


関連記事